PENTAX MX

PENTAX MX フィルムカメラ修理

今日はペンタックスMXのフィルムカメラ修理をご紹介します。

不具合状況

こちらのMXは、お客様から「何とかシャッター幕は走りますが、ミラー動作不調、メーター不安定、モルト劣化、各部点検整備。」ということで依頼を受けました。。

修理内容

カメラをお預かりしたところ、リターンミラーの動作が悪く、シャッター幕も走りが悪い状態です。
シャッターの一連の動作がかなりよくありませんので、分解して、注油を行っていきます。

露出計は測定器を使い、状態を確認しまいしたが、ほぼ、適正露出を指していましたが、ややメーターに不安定なところが見受けられます。
こちらは、接点清掃や半田の付け直し、露出計の調整を行います。

念のため、露出計基板も用意しましたが、今回は部品交換は行いませんでした。

PENTAX MX フィルムカメラ修理

分解中

ご指摘はありませんでしたが、プリズムの上部に腐食が見られます。
こちらは、プリズムの交換を行います。

PENTAX MX フィルムカメラ修理

プリズム腐食

トップカバーを外すと分かりますが、巻き戻し軸周辺の劣化したモルトが利用されています。こちらも交換を行いました。

PENTAX MX フィルムカメラ修理

巻き戻し軸周辺のモルト(交換前)

PENTAX MX フィルムカメラ修理

巻き戻し軸周辺のモルト(交換後)

PENTAX MXはカメラ内部にも、モルトを多用していますので、前板を外し、劣化したモルトを交換しています。

主な修理内容は下記の通りです。

・シャッター不調修理
・シャッター幕軸注油
・スローガバナー清掃、注油
・シャッター速度調整
・露出計調整
・ファインダー分解清掃
・劣化モルト交換
・フィルム室清掃
・外観清掃
この修理ブログの目的は、修理をご依頼していただいたお客様に向けての修理内容のご紹介となっております。
こちらの修理ブログを見て、お問い合わせいただいたお客様の同一機種のカメラの修理をお約束するものではありませんので、あらかじめご了承ください。

カメラ修理のお問い合わせはこちら

ペンタックスのカメラ修理一覧はこちら

これまでのカメラ修理ブログはこちら