PENTAX ME

PENTAX ME フィルムカメラ修理

不具合状況

今日はペンタックスMEのフィルムカメラ修理をご紹介します。

こちらのMEは、お客様より、「一応動作するが、メーター1/2段アンダー、モルト劣化、各部点検整備。」ということで、修理依頼がありました。

修理内容

お客様より、指摘があった露出計については、測定器を使って測ると、明暗差によって多少変化はありますが、およそ、1段から1.5段程度アンダーになりました。
こちらは、調整を行います。

また、指摘はありませんでしたが、巻き上げレバーの予備角のロックがかなり浅い状態です。こちらは、おそらく、ロック部分の部品の摩耗と思われます。
この部分については、操作に気をつければ、特に部品交換を行わなくても、問題は無いと思わましたが、お客様へ相談したところ、部品交換となりました。

予備角のロック部品を外したところ、部品の摩耗がひどく、簡単に折れてしまいました。

PENTAX ME フィルムカメラ修理

予備角のロック部品

主な修理内容は下記の通りです。

・露出計調整
・巻き上げ予備角ロック部品交換
・シャッター速度調整
・ファインダー分解清掃
・劣化モルト交換
・フィルム室清掃
・外観清掃
この修理ブログの目的は、修理をご依頼していただいたお客様に向けての修理内容のご紹介となっております。
こちらの修理ブログを見て、お問い合わせいただいたお客様の同一機種のカメラの修理をお約束するものではありませんので、あらかじめご了承ください。

カメラ修理のお問い合わせはこちら

ペンタックスのカメラ修理一覧はこちら

これまでのカメラ修理ブログはこちら