YASHICA ELECTRO 35 MC

今日はヤシカ エレクトロ 35 MCのフィルムカメラ修理をご紹介します。

35MCはヤシカのエレクトロシリーズの最小機でありながら、搭載されているレンズの写りが良いとの評判です。

発売年月は1973年(昭和48年)4月で、価格は24,300円でした。
レンズはヤシノン DX 40mm F2.8(4群4枚)、コパル製のシャッターを利用しており、シャッター速度は約4秒~1/500秒となっています。ピント合わせはゾーンフォーカスなので、目測で合わせる形です。

シャッターボタンを半押しすると、トップカバーとファインダー内に緑色のランプが点灯します。
電子シャッターによる絞り優先EE機で、このランプはそのEE機構の動作確認と電池チェックを兼ねています。

電子シャッターを搭載しているので、撮影状況によって、4秒というスローシャッターも切れます。
しかし、マニュアルでシャッター速度は決められないため、撮影者は絞りと撮影距離を決めたら、あとはカメラ任せとなります。

修理内容

こちらのヤシカ エレクトロ 35 MCですが、シャッター羽根の動きが悪いことと、通電しない(トップカバーのランプが点灯しない)とのことです。

シャッター羽根の動きが悪いのは写真の赤丸部分の動作が悪かったためです。
こちらを清掃することで、動きが良くなりました。

通電しない(トップカバーのランプが点灯しない)のは、写真の赤枠の接点の接触不良です。
接点が接触するようにすることで、ランプが点灯するようになりました。

これまでのカメラ修理ブログはこちら

カメラ修理のお問い合わせはこちら