YASHICA M

YASHICA M フィルムカメラ 修理

今日は、ヤシカMのフィルムカメラ修理をご紹介します。

修理について

こちらのヤシカMは、絞り羽根の固着やスローシャッターの不具合、裏蓋開閉不良、ファインダー内にあるハーフミラーの劣化などの修理を行ないました。

ファインダーは覗くと、二重像確認できず、ピント合わせが困難な状態でした。

ファインダーを分解し、ハーフミラーを取り出してみると、ハーフミラーの蒸着がほとんど剥がれており、再利用できません。こちらは、ハーフミラーを交換しました。

劣化したハーフミラー

主な修理内容は下記の通りです。

・絞り羽根固着修理
・スローシャッター修理
・裏蓋開閉修理
・ファインダー清掃
・ハーフミラー交換
・劣化モルト交換
・各部注油
・フィルム室清掃
・外観清掃


カメラ修理のお問い合わせはこちら

ヤシカのカメラ修理一覧はこちら

これまでのカメラ修理ブログはこちら