OLYMPUS M-1

OLYMPUS M-1 BLACK フィルムカメラ修理

今日は、オリンパスM-1のフィルムカメラ修理をご紹介します。

こちらのカメラは写真でもお分かりの通り、M-1のブラックです。
M-1のブラックは試作品のみ存在するとの噂もあり、中古市場でも滅多に見かけない、とても希少価値の高いカメラです。

OLYMPUS M-1 BALCK ロゴ

OLYMPUS M-1 ブラック ロゴ

不具合箇所

こちらのM-1は、露出計の動作不良ということで、修理依頼がありました。

カメラを拝見すると、分解した形跡が見られ、素人の方が分解された様子で、きちんと組み戻しが行われていませんでした。

気になった点
・マウントリングのねじがかなり緩い
・カメラ内部の露出計連動糸に油が付着しており、糸が少しほつれかかっている
・マウント上部のカバーがズレている
・エプロンカバーのねじが緩く、また、ねじ1本が別のねじに交換されている
など

修理内容

主な整備内容は下記の通りです。

・露出計ユニット部品交換
・露出計調整
・シャッター速度調整
・シャッター幕軸注油
・スローガバナー清掃、注油
・ファインダー分解清掃
・劣化モルト交換
・フィルム室清掃
・外観清掃
この修理ブログの目的は、修理をご依頼していただいたお客様に向けての修理内容のご紹介となっております。
こちらの修理ブログを見て、お問い合わせいただいたお客様の同一機種のカメラの修理をお約束するものではありませんので、あらかじめご了承ください。

オリンパスのカメラ修理のお問い合わせはこちら

オリンパスのカメラ修理一覧はこちら

これまでのカメラ修理ブログはこちら