RICOH R1s

RICOH R1s フィルムカメラ修理
今日はリコーR1sのフィルムカメラ修理をご紹介します。

修理内容

こちらのR1sは、撮影した際 フィルム端に線のような光線被りが出てしまうとのことです。

この原因は、フィルム確認窓にある遮光のためのモルトが経年劣化でその役割を果たさなくなり、光が入り込んでしまうためです。

モルト交換後
フィルム確認窓のモルトを交換しました。

RICOH R1s モルト交換

モルト交換後

※リコーR1シリーズについては、部品交換ができないため、モルト交換以外の修理は受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。

これまでのリコーのカメラ修理一覧はこちら

これまでのカメラ修理ブログはこちら

カメラ修理のお問い合わせはこちら

この修理ブログの目的は、修理をご依頼していただいたお客様に向けての修理内容のご紹介となっております。
こちらの修理ブログを見て、お問い合わせいただいたお客様の同一機種のカメラの修理をお約束するものではありませんので、あらかじめご了承ください。