PENTAX LX

今日はペンタックスLXのフィルムカメラ修理をご紹介します。

ペンタックスLXは1980年(昭和55年)に発売された、プロ向けの高級機です。
発売時の価格はボディが112,000円、アイレベルファインダーFA-1が13,000円でした。

シャッターは電子シャッターとメカニカルシャッターのハイブリッド式です。
低速側(1/60~)が電子式で、1/2000~1/75が機械式です。
シャッター幕はチタン幕の横走りフォーカルプレーンシャッターを採用しています。
なお、AUTOを使うと、すべて電子シャッターとなります。

修理内容

こちらのLXは下記不具合の部分修理のご依頼となります。

低速時ミラーアップ

1点目は、低速(1/60~)でシャッターを切るとミラーアップしたままになることがあるとの事です。
その後、高速でシャッターを切ると、すぐに戻る場合もあれば、しばらく戻らなかったりする場合があるとのことです。

カメラをお預かりしてから、低速シャッターを何度か切りましたが、ミラーアップの現象は確認できませんでした。

低速シャッターのみミラーアップするとのことですので、こちらの主な原因は、ソノレイド(電磁石)の汚れと思われるため、該当する部分の清掃を実施しました。

リターンミラーの拭き汚れ

2点目は、お客様ご自身で、リターンミラーを拭いてしまい、汚れがひどくなってしまったとのことです。

リターンミラーは清掃を行います。

その他に、フォーカシングスクリーンの清掃を行いました。

写真

ペンタックスのカメラ修理のお問い合わせはこちら

ペンタックスのカメラ修理一覧はこちら

これまでのカメラ修理ブログはこちら