YASHICA 35

今日はヤシカ35のフィルムカメラ修理をご紹介します。

ヤシカ35は、東京タワーが完成した1958年(昭和33年)に発売された、ヤシカが最初に作った35mmカメラです。

発売価格は11,500円でした。
当時のサラリーマンの平均月給より、少し安いくらいなので、高価な買い物です。

カメラの仕様は下記の通りです。

シャッター:コパル
シャッター速度:B 1 1/2 1/5 1/10 1/25 1/50 1/100 1/250 1/500
レンズ:ヤシノン 4.5cm f2.8
絞り:2.8 4 5.6 8 11 16

修理内容

こちらのヤシカ35は、ディスプレイするため、分解清掃やモルト交換、貼り革の清掃をご希望されています。

トップカバーを外した状態

距離計用のプリズム
距離計の仕組みには通常ミラーを利用しますが、ヤシカ35はプリズムを使用しています。

主な修理内容

・距離計調整
・レンズ清掃
・ファインダー清掃
・貼り革の清掃と再貼り付け
・モルト交換
・各部必要箇所への注油
・フィルム室内清掃
・外観清掃

カメラ修理のお問い合わせはこちら

ヤシカのカメラ修理一覧はこちら

これまでのカメラ修理ブログはこちら