OLYMPUS OM-1N

OLYMPUS OM-1N フィルムカメラ修理

今日は、オリンパスOM-1Nのフィルムカメラ修理をご紹介します。

OM-1Nは連動用接点が組み込まれており、専用フラッシュを使うとファインダー内の発光ダイオードが充電完了時に光るようになっています。

OLYMPUS OM-1N フラッシュ

修理品とは別のOM-1Nですが、フラッシュのチャージが完了していることをファインダー内(赤く点灯)から確認できます。

修理内容

こちらのOM-1は下記のような不具合と、点検整備を承りました。

・露出計がマイナス1~1.5絞り程度のズレが有る
・シャッタースピードに不安あり
・点検調整
OLYMPUS OM-1N 分解

OLYMPUS OM-1N 分解中

シャッター速度

こちらのOM-1Nですが、先幕と後幕のバランスが悪く、幕速の差が大きく感じられました。

また、シャッター速度もバラつきが大きく、特に1/1000秒は、通常通り、シャッター速度を調整をしても、規定範囲で切れたり、切れなかったりして、かなりばらつきが見られました。

シャッター幕のテンションが少し弱いようなので、強くしてみたところ、幕速差や速度のバラつきが改善しました。

露出

カメラを預かった直後に露出値を測りました。

露出値は明暗を変えながら、露出計の指針に合わせて、測定しましたが、適正露出よりも、1.25段から2段くらいの範囲でズレが見られました。

露出値が広い範囲でズレているのは、シャッター速度にバラつきがある影響もあると思います。

シャッター速度を調整後、露出計を調整しましたが、指針の位置が適正露出よりも、だいぶ下側を指していました。

露出計の指針の位置は調整を行うことで直りました。
露出値も問題のない範囲に収まっています。

主な修理内容

・シャッター速度のバラつき修理
・シャッター幕軸注油
・スローガバナー清掃、注油
・シャッター速度調整
・露出計調整
・巻き上げレバー下ダンパー交換
・ファインダー分解清掃
・フィルム室清掃
・外観清掃
・モルト交換
OLYMPUS OM-1N 巻き上げゴムダンパーOLYMPUS OM-1N フィルムカメラ修理

オリンパスのカメラ修理のお問い合わせはこちら

オリンパスのカメラ修理一覧はこちら

これまでのカメラ修理ブログはこちら

この修理ブログの目的は、修理をご依頼していただいたお客様に向けての修理内容のご紹介となっております。
こちらの修理ブログを見て、お問い合わせいただいたお客様の同一機種のカメラの修理をお約束するものではありませんので、あらかじめご了承ください。