OLYMPUS OM-1

OLYMPUS OM-1 フィルムカメラ修理

今日は、オリンパスOM-1のフィルムカメラ修理をご紹介します。

修理内容

こちらのOM-1は下記のようなご依頼を受けました。

「動作はいいようです。ファインダー内プリズムの腐食があり、汚れも目立ちます。モルト劣化あり。プリズム交換も含めた整備点検をお願いしたいと思っております」

OLYMPUS OM-1 分解

OLYMPUS OM-1
分解中

高速シャッター速度

シャッター速度を測定すると、1/1000秒が1/2000秒くらいで切れていました。

シャッター速度は測定器を使い、調整を行いました。

高速シャッターのみ大きく速度がズレることは、メンテナンスされていない、古いカメラでは時々あります。

普段使っていて、高速シャッターで切った時だけ、写真が、妙に明るかったり、暗かったりする場合は、シャッター速度がズレていることが考えられます。

2回巻き上げ

巻き上げレバー下にある劣化したダンパーを交換した後、巻き上げを行うと、8の倍数のいづれかの回で、2回巻き上げになる変わった症状が見られました。

交換したダンパーを取り除くと、その症状は見られません。

ダンパーが無くても、巻き上げは出来るのですが、念ため、ダンパーを交換した、別の巻き上げユニットに交換してみたところ、2回巻き上げの症状は無くなりました。

交換後、何度も巻き上げてシャッターを切りましたが、2回巻き上げになることはありませんでした。

不具合箇所に間違いが無いか、確認のため、もう一度、ダンパーを交換した元の巻き上げユニットに交換すると、やはり、8の倍数のいづれかの回で、2回巻き上げになりました。

巻き上げユニットを交換すると、不具合は見られないため、不具合の原因は巻き上げユニットにあると思われます。

OLYMPUS OM-1 ワッシャー (ラバー)

巻き上げユニット
赤ペンに指している箇所に下に写っているダンパーを挟みます。

主な修理内容

・シャッター幕軸注油
・スローガバナー注油
・巻き上げレバー下ダンパー交換
・露出計調整
・シャッター速度調整
・ファインダー分解清掃
・劣化モルト交換
・フィルム室清掃
・外観清掃
・プリズム部品交換
・巻き上げユニット部品交換
OLYMPUS OM-1 フィルムカメラ修理

オリンパスのカメラ修理のお問い合わせはこちら

オリンパスのカメラ修理一覧はこちら

これまでのカメラ修理ブログはこちら

この修理ブログの目的は、修理をご依頼していただいたお客様に向けての修理内容のご紹介となっております。
こちらの修理ブログを見て、お問い合わせいただいたお客様の同一機種のカメラの修理をお約束するものではありませんので、あらかじめご了承ください。