KONICA C35 Flash matic

Konica C35 Flash matic フィルムカメラ修理

今日は、コニカ C35 Flash maticのフィルムカメラ修理をご紹介します。

修理内容

こちらのC35 Flash maticは下記のような不具合がありました。

・露出計不動
・電池室の破損および金属板の腐食
・巻き戻しクランクレバーにガタ

露出計不動と電池室の破損および金属板の腐食

露出計が動作しない原因は、電池室の破損と金属板の腐食が原因です。

電池室の破損と金属板の腐食があるため、電池室と金属板の部品交換を行いました。

部品交換後、露出計は動作するようになりました。

また、露出計の動作後に、測定器を使い、明暗を変え(LV15:晴れ、LV12:曇り、LV9:明るい室内)ながら露出値を測りました。

測定結果は、通常の撮影において、問題なく撮影が行える数値が出ています。

巻き戻しクランクレバーにガタ

巻き戻しクランクレバーを支えている金属板がなぜか逆に取り付けられていたためレバーが収まった状態でも固定されていない状態でした。

こちらは、正しい位置に組み戻しました。

主な修理内容

・電池室交換修理
・露出計動作確認
・ファインダー清掃
・モルト交換
・フィルム室清掃
・外観清掃
Konica C35 Flash matic フィルムカメラ修理

コニカのカメラ修理一覧はこちら

これまでのカメラ修理ブログはこちら

オリンパスのカメラ修理のお問い合わせはこちら

この修理ブログの目的は、修理をご依頼していただいたお客様に向けての修理内容のご紹介となっております。
こちらの修理ブログを見て、お問い合わせいただいたお客様の同一機種のカメラの修理をお約束するものではありませんので、あらかじめご了承ください。