Nikon New FM2

Nikon New FM2 フィルムカメラ修理

今日はニコン New FM2 のフィルムカメラ修理をご紹介します。

修理内容

Nikon New FM2 分解中

分解中

トップカバーの打痕

こちらのNew FM2は、トップカバーの巻き上げ周辺を強くぶつけたようで、トップカバーの角が潰れており、その影響で、巻き上げが出来ず、シャッターも切れない状態でした。

Nikon New FM2 トップカバー凹み
Nikon New FM2 トップカバー凹み

状態確認のため、トップカバーを取り外し、巻き上げ操作を行ってみたところ、巻き上げ操作に支障は出ておらず、巻き上げ後、シャッターも問題なく切れました。

この状態ならば、凹みのないトップカバーへ交換を行えばよいのですが、お客様との事前打ち合わせで、トップカバーの交換部品が無いことを説明していましたので、今回は凹みを叩き出して修正を行うことといたしました。

トップカバーの角の凹みは、金属が潰れているため、叩き出しても表面は凸凹が出来て滑らかにはならず、見た目も悪くなってしまいますが、巻き上げ操作に支障が出ない程度には修正が行えました。

Nikon New FM2 トップカバー凹み修正

トップカバー凹み修正後

その他にもトップカバーをぶつけた影響で、ファインダーを覗いた際に上部に見える絞り値直読の内部のミラーが外れていたり、フィルムカウンターの表示板が変形していたりなど、色々と不具合が出ていましたが、修理を行なうことで、問題は解決しました。

主な修理は下記の通りです。

・巻き上げ不良修理(トップカバー角の凹み修正)
・絞り値の直読ミラー脱落修理
・フィルムカウンター不良修理
・トップカバーねじ取付(ねじ欠品のため)
・シャッター速度点検
・露出計点検
・ファインダー分解清掃
・劣化モルト交換
・フィルム室清掃
・外観清掃

今回のカメラは、ショック品でしたが、何とか修理を行なうことが出来ました。しかし、ショック品は修理が出来ないことも多いため、カメラは丁寧に扱うことをおすすめします。

この修理ブログの目的は、修理をご依頼していただいたお客様に向けての修理内容のご紹介となっております。
こちらの修理ブログを見て、お問い合わせいただいたお客様の同一機種のカメラの修理をお約束するものではありませんので、あらかじめご了承ください。

ニコンのカメラ修理のお問い合わせはコチラ
カメラ修理のお問い合わせ

ニコンのカメラ修理一覧
ニコンのカメラ修理一覧

これまでのカメラ修理ブログ
カメラ修理ブログ