Canon A-1

Canon A-1 フィルムカメラ修理

今日は、キヤノンA-1のフィルムカメラ修理をご紹介します。

修理内容

こちらのA-1はシャッター鳴きと絞りの連動不良、プリズム腐食の不具合がありました。

Canon A-1 分解中

分解中

シャッター鳴きと絞り連動不良

シャッター鳴きとは、リターンミラーのギアの油切れから来る異音を指しています。

シャッターを切った時に、そのギアからの異音と共にリターンミラーの動きがギクシャクし、症状が悪化すると、ミラーアップしてしまう症状です。

修理はミラーボックス横にある、リターンミラーのギアへ注油を行う作業となります。

Canon A-1 フレキ外す

フレキシブルケーブルを外す

絞りの連動不良はシャッター鳴きと同様にギアの油切れによるものです。

こちらは、症状が悪化すると、ギアが鳴きはじめ、例えば、絞りをF16に設定しても、F5.6などの絞り値になってしまい、意図する絞り値で動作しなくなります。

修理は、ミラーボックス横にある、油切れのギアへ注油します。主に、手裏剣のようなギアへ注油することが、多いのですが、その他のギアが原因の場合もあるので、状態を見て注油が必要となります。

この絞りの連動ギアの周辺には、摺動抵抗のような、電気的に繋がっている箇所もあるため、油が飛び散らないように注意が必要です。

Canon A-1 ミラーボックス取り出し

ミラーボックスの取り出し

プリズム腐食

プリズムに腐食が見られるため、部品交換を行いました。

Canon A-1 プリズム腐食

プリズム腐食

主な修理内容

・シャッター鳴き修理
・シャッター鳴き修理
・絞り連動不良修理
・プリズム無償交換(プリズム腐食のため)
・シャッター幕軸注油
・シャッター速度点検
・露出計点検、調整
・ファインダー分解清掃
・劣化モルト交換
・フィルム室清掃
・外観清掃

今回修理したキヤノンA-1ですが、シャッター鳴きと絞りの連動不良はよくある不具合です。

特に、絞りの連動不良は、症状が悪化するまで、気付きにくい不具合と思います。

絞りの連動不良を確認するには、絞り値をF16やF22などにして、レンズを正面から見て、空シャッターを切ります。もし、絞りが、完全に絞り込まれない状態であれば、絞りの連動不良が疑われます。

カメラ修理のお問い合わせはコチラ
カメラ修理のお問い合わせ

キヤノンのカメラ修理ブログはコチラ
キヤノンのカメラ修理一覧

これまでのカメラ修理ブログはコチラ
カメラ修理ブログ

この修理ブログの目的は、修理をご依頼していただいたお客様に向けての修理内容のご紹介となっております。
こちらの修理ブログを見て、お問い合わせいただいたお客様の同一機種のカメラの修理をお約束するものではありませんので、あらかじめご了承ください。