Nikon F2

カメラの修理がどのように行われているのか?
Nikon F2の分解、整備(修理)、組み立てを通して数回に分けてご案内します。

第2回目の内容はコチラ
「ニコンF2のカメラ修理 その2」

第3回目の内容はコチラ
「ニコンF2のカメラ修理 その3」

今回の修理内容

こちらのNikon F2は個人的に所有しているカメラです。
大きな不具合はありません。今回はこちらのカメラを分解整備していきます。

第1回目は、巻き上げレバー側のトップカバーを外していきます。
なお、Nikon F2のトップカバーは右と左に分かれています。

1.裏蓋、ファインダー、スクリーン、レリーズボタン(AR-1)を外す

工具なしで外せるパーツ

2.エプロン(前カバー)を外す

ネジは左右2本ずつ、合計4本ありますので、これを外します。

エプロンを外した状態

3.巻き上げレバーを外す

最初に巻き上げレバーの飾り蓋を外します。
F2の飾り蓋は外れにくい場合があります。

道具はゴムやハンドプライヤーなどを利用します。

ゴムで外す場合

ハンドプライヤーで外す場合
外す際は反時計回りに回します。飾り蓋は固く締まっている場合がありますので、ハンドプライヤーを使う場合は傷がつかないよう慎重に回します。

巻き上げレバーは4本のネジで止められていますので、このネジを外します。

ネジを外すと巻き上げレバーが外れます。

4.トップカバーの押さえリングを外す。

巻き上げレバー下にある、トップカバーの押さえリング(赤丸部分)を外します。

道具はレンチまたは、ラジオペンチの先を加工したものを利用します。
外す場合は反時計回りに回します。傷がつかないよう慎重に回します。
レンチで外す場合

ラジオペンチで外す場合

リングを外した状態

5.TLリングを外す

TLリングもトップカバーを押さえています。

TLリングの中を見ると、2つの溝があります。この溝に合わせた工具を使って反時計回りに緩め、リングを傷がつかないよう、慎重に回して取り外します。道具はペンチの先を加工したものを利用します。

TLリング取り外し

ある程度ゆるんだら、細いドライバなどを溝に入れて回します。

TLリングが外れた状態

6.シャッターダイヤルを取り外す

シャッターダイヤルの側面の3本の押しネジを緩めて、ダイヤルを外します。
押しネジは取り外す必要はありません。

シャッターダイヤルが外れた状態

7.トップカバー(巻き上げレバー側)を外す

アイピース側にあるネジ1本を外せば、巻き上げ側のトップカバーは外せます。

トップカバー(巻き上げレバー側)を外した状態

8.巻き上げレバーとシャッターダイヤル、TLリングを仮止め

トップカバーが外れたら、巻き上げレバーとシャッターダイヤル、TLリングを紛失防止のため、仮止めしておきます。

仮止めができたら、動作を確認してみます。

第2回目の内容はコチラ
「ニコンF2のカメラ修理 その2」

第3回目の内容はコチラ
「ニコンF2のカメラ修理 その3」

カメラ修理のお問い合わせはコチラ
カメラ修理のお問い合わせ

ニコンのカメラ修理一覧はこちら
ニコンのカメラ修理一覧

これまでのカメラ修理ブログ
カメラ修理ブログ