Nikon F2 Eyelevel

Nikon F2 アイレベル フィルムカメラ修理

今日はニコン F2 アイレベルのフィルムカメラ修理をご紹介します。

修理内容

こちらのF2は総合整備ということでご依頼がありました。

Nikon F2 アイレベル 分解

ファインダー関連

ファインダーについては、お客様からプリズムに腐食と思われる汚れがあるとのことでした。

Nikon F2 アイレベル プリズム腐食

プリズムについては、再蒸着を行いました。

Nikon F2 アイレベル プリズム再蒸着

プリズムの蒸着前(左)と蒸着後(右)

Nikon F2 アイレベル プリズム再蒸着

アイレベルファインダーへ再蒸着したプリズムを組み込み

レリーズ後の残響音

シャッターを切った後に甲高い残響音が出ているニコンF2は、ミラーボックスにある残響音を押さえるモルトが役目を果たせていないためです。

下記写真にある劣化したモルトを交換する必要があります。

Nikon F2 シャッター静音

通電不良

ニコンF2は巻き上げレバーを少し引き出すと露出計スイッチが入ります。

こちらのF2はアイレベルなので、電気は必要ないのですが、念のため調べたところ、通電していませんでした。

通電しない原因は電池室にある、電池と接触する金属板にテンションがなく、電池とうまく接触していためです。

長期間電池を入れたままカメラを保管した場合、プラスチックの電池室にねじ止めされている金属板に力がかかり、プラスチックの経年劣化もあり、ねじ止めされている箇所が破損してしまいます。

交換部品は無いため、電池室を加工して、金属板にテンションが出るように加工修理を行ないます。

Nikon F2 通電不良修理
Nikon F2 通電不良修理

テスターを使って通電しているか確認します。

劣化モルト

リターンミラーの緩衝用モルトは前面以外に両側にもモルトがあります。

Nikon F2 劣化したモルト

(修理前)リターンミラー緩衝用モルトは前面と両サイドを交換します。

主な修理

・通電不良修理
・シャッター幕軸注油
・スローガバナー清掃注油
・セルフタイマー注油
・シャッタースピード確認、調整
・プリズム再蒸着
・アイレベルファインダー分解清掃
・劣化モルト交換
・フィルム室清掃
・外観清掃
Nikon F2 アイレベル

ニコンのカメラ修理のお問い合わせはコチラ
カメラ修理のお問い合わせ

ニコンのカメラ修理一覧
ニコンのカメラ修理一覧

これまでのカメラ修理ブログ
カメラ修理ブログ

この修理ブログの目的は、修理をご依頼していただいたお客様に向けての修理内容のご紹介となっております。
こちらの修理ブログを見て、お問い合わせいただいたお客様の同一機種のカメラの修理をお約束するものではありませんので、あらかじめご了承ください。