RICOH AUTO HALF SE

RICOH AUTO HALF SE フィルムカメラ修理

今日はリコー オートハーフSEのフィルムカメラ修理をご紹介します。

修理内容

こちらのオートハーフSEは自動巻き上げが出来ないとのことで修理依頼がありました。

カメラの状態を確認したところ、巻き上げが出来ず、シャッターも切れませんでした。
また、ファインダーやレンズには汚れが見られます。

裏蓋のモルトは交換したばかりの様子でしたが、ファインダー周りのモルトは交換がされていませんでした。

自動巻き上げ

自動巻き上げの不良の原因は2つあり、1つは、カムの噛み合わせが悪く、2つめは自動巻き上げユニット(ゼンマイ)の不具合です。

カムの部分はやや変形が見られましたが、修理を行ない動作するようになりました。

自動巻き上げユニット(ゼンマイ)については、部品交換を行いました。

RICOH AUTO HALF SE ゼンマイ

自動巻き上げユニット(ゼンマイ)

主な修理内容は下記の通りです。

・自動巻き上げ不良修理
・自動巻き上げユニット部品交換
・露出計動作確認
・露出確認
・レンズ清掃
・ファインダー分解清掃
・フィルム室清掃
・外観清掃
・モルト交換
この修理ブログの目的は、修理をご依頼していただいたお客様に向けての修理内容のご紹介となっております。
こちらの修理ブログを見て、お問い合わせいただいたお客様の同一機種のカメラの修理をお約束するものではありませんので、あらかじめご了承ください。

これまでのリコーのカメラ修理一覧はこちら

これまでのカメラ修理ブログはこちら

カメラ修理のお問い合わせはこちら