Canon FT

今日はキヤノンFTのカメラ修理をご紹介します。

キヤノンFTは1966年 (昭和41年) に発売されたTTL露出計内蔵一眼レフカメラです。

FTと呼んでいますが、正式にはFTQLです。QLは裏蓋開閉オートローディング(QL機構=Quick Loading)を差します。このQL機構のおかげてフィルム装填のミスを防ぎます。

キャッチフレーズは「梟の目を持つ1眼レフ」
低照度測光ができることが売りでした。

修理の内容

こちらのFTは大きな不具合はありませんが、長い間利用していなかったため、整備を行います。

当店では整備を行う場合、主に下記のような作業を行います。
・ファインダー/プリズム/スクリーン/ミラー清掃
・シャッタースピード点検・調整
・露出計点検・調整
・各部点検・調整、各部グリスアップ
・劣化モルト交換
(フィルム室・ミラー緩衝モルト・遮光モルト)
・カメラ外装の清掃

ミラーボックスを開けた状態

キヤノンのカメラ修理一覧はこちら

これまでのカメラ修理ブログはこちら

カメラ修理のお問い合わせはこちら