Canon Autoboy S

今日はキヤノン オートボーイ S(スーパー) のカメラ修理を行います。

発売は1993年(平成5年)9月で、発売時の価格はケースとリモコンが付いて、65,000円でした。
値段からもわかるとおり、オートフォーカス35mm全自動ズームカメラの最高級機種との位置付けで開発されたそうです。

レンズは38-115mm F3.6-8.5の3倍ズーム、レンズ構成は9群10枚(1面を非球面化)です。1/1200秒の高速シャッターも装備し、標準撮影とパノラマ撮影が任意切り換えできます。

修理内容

こちらのAutoboy Sは電池を入れた直後は作動するのですが、一旦電源をOFFにすると、次に電源を入れた時にエラー表示が出てしまい、ダイヤルをまわしてもエラー表示となり撮影ができません。

再度、電池を入れ直してみたり、ダイヤル操作を変えてみたりしましたが、同じ症状を繰り返しました。

基盤不良が考えられるため、修理は基盤交換を行いました。

キヤノンのカメラ修理一覧はこちら

これまでのカメラ修理ブログはこちら

カメラ修理のお問い合わせはこちら