ASAHI PENTAX SP

PENTAX SP フィルムカメラ修理

今日はペンタックスSPのフィルムカメラ修理をご紹介します。

仕様

形式 35㎜フォーカルプレーンシャッター式一眼レフ
ファインダー ペンタプリズム固定
シャッター 機械式布幕横走りフォーカルプレーン
シャッタースピード B・1~1/1000秒
マウント M42マウント(スクリューマウント)
測光方式 平均測光式 TTL露出計内蔵(CDS(硫化カドミウムフォトダイオード))
電源 1.3V水銀電池x1個(H-B型)
大きさ 幅143mm x 高さ92mm x 奥行87mm
重量 623g
発売年月 1964年(昭和39年)
発売価格 51,000円(50mmF1.4付)

修理内容

こちらのペンタックスSPは、シャッター不良と露出計不良いうことで修理依頼がありました。

シャッター不良や露出計不良以外にも、プリズム腐食があったため、プリズムの部品交換を行いました。

主な修理内容は下記の通りです。

・シャッター不良修理
・シャッター幕軸注油
・スローガバナー注油
・シャッター速度調整
・露出計不良修理
・露出計精度調整(変換アダプター使用にて調整)
・劣化モルト交換
・ファインダー分解清掃
・フィルム室清掃
・外観清掃
・プリズム部品交換
この修理ブログの目的は、修理をご依頼していただいたお客様に向けての修理内容のご紹介となっております。
こちらの修理ブログを見て、お問い合わせいただいたお客様の同一機種のカメラの修理をお約束するものではありませんので、あらかじめご了承ください。