PENTAX MG

今日は、ペンタックスMGのフィルムカメラ修理をご紹介します。

ペンタックスのMGの発売年は以下のようになります。
MGはペンタックスのMシリーズの最終モデルです。

1976年 MX
1976年 ME
1979年 MV1
1979年 ME SUPER
1981年 ME F
1982年 MG <<< ココ!!

シャッター速度はAUTO(1/1000~1秒)と100x(1/100秒)とB(バルブ)のみというシンプルカメラです。

撮影時は、AUTOに合わせて絞り優先で撮ると思います。

修理内容

こちらのMGは以下のような不具合があります。

ミラーアップ
カメラは、ミラーアップ状態で、巻き上げが出来ず、シャッターも切れません。

こうした症状は、MGではよく見られる不具合です。

原因はミラーボックス内の側面にあるゴムダンパーが劣化して、そこから粘りが生じ、ミラーアップしたままになってしまい、巻き上げもシャッターも押せなくなります。

この症状は同じMシリーズのME SUPERにもあります。
ただし、ME SUPERには、ミラーボックス底部にエアーダンパー(ここにもゴムが使われている)がありますが、MGにはありません。

修理をするには、カメラを分解して、ミラーボックスを取り外し、不具合の原因となっている、劣化したゴムダンパーを取り除いて、ゴムの破片が残らないよう、きれいに清掃してから、ゴムダンパーを交換します。

トップカバーを外した状態

前板を取り外した状態(真上)

前板を取り外した状態(斜め前)

前板からミラーボックスを取り外した状態

ゴムの箇所真横(赤丸部分)

ゴムの箇所斜め横(赤丸部分)

接眼枠の割れ
MGは接眼部分のプラスチックの枠が破損しているものが多いです。
こちらのMGも接眼部分のプラスチックの枠が破損していました。

プラスチック枠の破損がひどくなければ、接着して再利用も可能ですが、今回は真っ二つに割れてしまっているので、別のMGからパーツを取り出して、交換しました。

破損部分は接眼レンズを押さえる、2本のねじの部分から割れています。
枠はここの部分から割れていることが多いので、ここの部分にテンションが掛かっており、プラスチックの経年劣化で、割れてくるのだと思われます。

接眼枠後ろ(赤枠部分に割れ)

接眼枠斜め後ろ(赤枠部分に割れ)

今回の修理に際しては、下記写真のような分解をしております。

PENTAX MG 分解、修理

ペンタックスのカメラ修理のお問い合わせはこちら

ペンタックスのカメラ修理一覧はこちら

これまでのカメラ修理ブログはこちら