PENTAX ME super

PENTAX ME super フィルムカメラ修理

今日はペンタックスMEスーパーのフィルムカメラ修理をご紹介します。

修理内容

PENTAX ME super 分解中

分解中

こちらのME superは、「通電はするが、ミラーアップしている状態で、巻き上げの途中で固定した状態」ということで依頼がありました。

ミラーアップ修理

ME superの修理で多い依頼が、ミラーアップです。

ミラーアップの原因は下記写真にある、ミラーボックス内にあるゴムダンパーの劣化です。

劣化したゴムダンパーは経年劣化が溶けだして、粘りが生じる場合があります。
その粘りでリターンミラーやシャッターチャージ時のレバーの動作が悪くなり、ミラーアップします。

PENTAX ME super ミラーボックス側面

ミラーボックス側面

シャッター調整

ME superは、シャッター速度の精度が、だいぶ落ちていることが多いため、シャッターユニットを分解し、シャッター羽根の洗浄を行い、必要な箇所に注油を行った後、シャッター速度の調整を行います。

PENTAX ME super シャッター羽根洗浄

シャッター羽根洗浄

主な修理内容は下記の通りです。

・ミラーアップ修理
・巻き上げレバーロック不良修理
・シャッター幕軸注油
・ファインダー分解清掃
・露出計確認、調整
・シャッター速度確認、調整
・シャッターユニット分解清掃
・フィルムカウンター指標部品交換
・フィルム室清掃
・劣化モルト交換
・外観清掃
この修理ブログの目的は、修理をご依頼していただいたお客様に向けての修理内容のご紹介となっております。
こちらの修理ブログを見て、お問い合わせいただいたお客様の同一機種のカメラの修理をお約束するものではありませんので、あらかじめご了承ください。

カメラ修理のお問い合わせはこちら

ペンタックスのカメラ修理一覧はこちら

これまでのカメラ修理ブログはこちら