KONICA C35 Flash matic

今日は、コニカ C35 Flash maticのフィルムカメラ修理をご紹介します。

修理内容

こちらのC35 Flash maticはファインダー清掃とレンズ清掃を含めた各部点検整備一式のご依頼です。

問題点としては、シャッターに不具合がありました。

状態としては、シャッターをB(バルブ)に合わせ、シャッターボタンを押しても、バルブ状態になったり、ならなかったりします。

また、一度、バルブに切り替えてから、AUTOに戻すと、シャッター羽根が開いたままになり、しばらく時間が経つと、正常に戻ります。

原因は、シャッターユニットの円盤部分の動作不良でした。

主な修理内容

・シャッター不良修理
・モルト交換
・ファインダー清掃
・レンズ清掃
・外装清掃
KONICA C35 flash matic フィルムカメラ修理

コニカのカメラ修理一覧はこちら

これまでのカメラ修理ブログはこちら

オリンパスのカメラ修理のお問い合わせはこちら

この修理ブログの目的は、修理をご依頼していただいたお客様に向けての修理内容のご紹介となっております。
こちらの修理ブログを見て、お問い合わせいただいたお客様の同一機種のカメラの修理をお約束するものではありませんので、あらかじめご了承ください。