Canon A-1

Canon A-1 フィルムカメラ修理

今日は、キヤノンA-1のフィルムカメラ修理をご紹介します。

修理内容

こちらのA-1は、「電源は入り、ファインダー内にデジタル表示の測光値は表示されるが、シャッターが切れない。撮影可能な状態に修理をしたい。」とのことです。

状態を確認させていただきました。

電源は入り、露出計も動作しています。
⇒ 露出計は調整を行っています。

シャッターは切れませんでした。
⇒ シャッター鳴きの症状でしたので、注油を行いました。

絞り連動レバーの動きが悪いです。
⇒ 注油を行いました。

トップカバーのねじが1本欠品です。
⇒ ねじは調達して取り付けました。

フォーカシングスクリーンにキズや汚れが目立ちます。
⇒ スクリーンについては、清掃を行ったところ、ほぼピント合わせに問題のないくらいに綺麗になりました。

モードダイヤルのカバーが破損しています。
⇒ 部品交換となりました。

裏蓋にあるはずのA-1のロゴプレートが欠品です。
⇒ ロゴプレートは部品を調達して取り付けました。

主な修理内容は下記の通りです。

・シャッター鳴き修理
・絞り連動不良修理
・ソノレイド清掃
・巻き上げ鳴き修理
・シャッター速度確認調整
・露出計確認調整
・ファインダー清掃
・劣化モルト交換
・フィルム室清掃
・外観清掃
・カバー用ネジ調達
・ATダイアルガード部品調達
・ロゴプレート部品調達

モルト交換

モルトを交換する際は、元の劣化したモルトを剥がし、綺麗に清掃を行ってから貼り替えを行うと、後々、ファインダーやフィルム室にモルト片が入り込むことがなく安心です。

写真の通り、カメラの溝の部分を見ていただくと分かりますが、モルトを剥がしただけでは、それなりにモルト片が残ってしまいますので、この溝の部分を綺麗に清掃してから、モルトを貼り替えます。

Canon A-1 モルト交換Canon A-1 モルト交換
この修理ブログの目的は、修理をご依頼していただいたお客様に向けての修理内容のご紹介となっております。
こちらの修理ブログを見て、お問い合わせいただいたお客様の同一機種のカメラの修理をお約束するものではありませんので、あらかじめご了承ください。

カメラ修理のお問い合わせはコチラ
カメラ修理のお問い合わせ

キヤノンのカメラ修理ブログはコチラ
キヤノンのカメラ修理一覧

これまでのカメラ修理ブログはコチラ
カメラ修理ブログ