Canon A-1

Canon A-1 フィルムカメラ修理

今日は、キヤノンA-1のフィルムカメラ修理をご紹介します。

修理内容

Canon A-1 分解

分解中

こちらのA-1は、シャッター不良ということで、修理依頼がありました。

シャッター不良の原因はリターンミラーを動作させるギアの油切れです。
下記写真のシャッター鳴きが起きるギア(赤枠の箇所)へ注油を行います。

Canon A-1 シャッター鳴き

シャッター鳴き

念のため、絞り連動のギア(赤枠の箇所)にも注油を行います。
このギアも油切れが生じると、例えば、レンズ側でF16に絞っても、絞り羽根がF5.6くらいにしか絞れないなどの不具合が出ます。
症状が悪化すると、全く絞れなくなります。

Canon A-1 絞り連動不良

絞り連動不良

主な修理内容

・シャッター不良修理
・絞り連動不良修理
・シャッター速度確認
・露出計確認
・ファインダー分解清掃
・劣化モルト交換
・フィルム室清掃
・フィルム圧板清掃
・外観清掃
・レンズ分解清掃
この修理ブログの目的は、修理をご依頼していただいたお客様に向けての修理内容のご紹介となっております。
こちらの修理ブログを見て、お問い合わせいただいたお客様の同一機種のカメラの修理をお約束するものではありませんので、あらかじめご了承ください。

カメラ修理のお問い合わせはコチラ
カメラ修理のお問い合わせ

キヤノンのカメラ修理ブログはコチラ
キヤノンのカメラ修理一覧

これまでのカメラ修理ブログはコチラ
カメラ修理ブログ